歴史について知る

注文住宅のこれまでの歴史

注文住宅といえばこれまでは、特別な存在として多くの憧れとともに高嶺の花といったイメージのあったものです。職人の手による大工工事によって時間をかけ建築されることにより、その費用もかなりの高額となるかわりに多くの工夫によって長く住み続けることができる住まいを手に入れることができたものです。 現在においては、様々な建材と工法により、その施工は効率化されコストも抑える形となっています。その結果手頃な費用で建設できるようになり、多くの世帯が検討できるものとなっています。もちろんその性能も向上し、高い断熱性能によって建物は守られることになり、また耐震性能によって災害にも強いものとなっています。シンプルながらにも住みやすいものとなっているわけです。

注文住宅は現在、ハウスメーカーの提供するローコストなタイプのものに人気が集まっています。手頃な予算で求める条件を満たす住まいを手に入れることができるわけです。その一方で天然素材にこだわる注文住宅も、また多くの需要を集めています。化学物質によるアレルギーの発症が多発し、木の家を求める人が増えているのです。 さらに自然の光と風を取り込んだ暮らしを求める人も多く、そのための設計を手掛ける設計事務所や工務店もまた増えています。地球規模でのエネルギー問題も背景となり、このような自然に優しい住まいづくりはこれからさらに求められると見られています。また注文住宅においての多くのノウハウが蓄積されることによって、このような現在は手間のかかる建築もやがてはコストを抑えて行えるようになると考えられています。